土木部門

最上級のランクを獲得し、
規模の大きな工事を実施

県からAランクの会社として認可

国や地方自治体が発注元となる公共工事は、競争入札によって受注業者が決まりますが、その際にまず重視されるのは入札業者の格付け。受注金額2500万円以上の工事は、格付けAランクの会社にしか入札資格が与えられていないのです。

私たちは現在、群馬県から利根沼田地域におけるAランクの会社として認められています。このランクは経営状態や近年の表彰実績などを元に決定。つまり、この地域で最もレベルが高い会社のひとつとして認められていることになるのです。

雪や雨と戦うためのインフラを整備

私たちが主に工事を担当する利根沼田地域は、冬場に雪が多いのが特徴。そのため、道路を改修する際には冬場でも使いやすいような工夫をします。たとえば、クランクがひどくて走りづらかったみなかみ町の湯桧曽橋の架け替え工事の際には、橋の前後に無散水の消雪システムを施工しました。

また、最近増えているのが予防治山事業。これは山奥にある鉄砲水が発生しやすい河川にえん堤(ダムのようなもの)を設け、多量の水が一気に下流に流れないようにするための工事です。

土木部門の工事実績一覧